ソニーXperia A ドコモ値下げで業績に期待

スポンサードリンク
ソニーのXperia Aをドコモが人気機種の一つとして大幅な値下げを発表しています。ソニーは今期の業績発表が株価上昇のきっかけとなっていますが、大口販売先のドコモが後押しすれば、業績への期待が加速しそうですね。

(1)ソニーXperiaをドコモが好評価

ソニーXperiaをドコモの社長が、2013年1月22日の携帯電話の新商品発表の場で、名指しでイチオシ商品であると発言しています。

ソニーのXperiaは、ソニーがエリクソンから合弁会社の株式を購入することで100%子会社化を行っており、製造業としての技術を集めて作った携帯電話です。ソニーXperia Zでドコモ携帯契約数増加しており、ドコモの加藤社長は製品の実力を高く評価していました。

(2)ソニーのエクスペリアAがドコモの値下げ対象機種

ソニーXperia Aがドコモ値下げで業績に期待できることを、2013年5月15日時事通信が、ドコモ、主力機種値下げ=ソニーとサムスン、5000円も可能性があることを報じているので見てみましょう。
NTTドコモは15日、夏商戦に投入するスマートフォン(多機能携帯電話)の新商品10機種を発表した。主力商品となるソニーの「エクスペリアA(エース)」と韓国サムスン電子の「ギャラクシーS4」の実質価格を引き下げ、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」を扱うKDDI(au)やソフトバンクモバイルに対抗する。
ソニーのエクスペリアAが、ドコモの値下げ対象機種として選定されており、他にもサムスン電子のギャラクシーS4が対象となっているようですね。

ソニーのXperia Aの販売条件を、ドコモは複数設定していますが、購入費の補助に傾斜をつけることで、ソニーXperia Z販売好調であることに配慮しています。

(3)Xperia AとギャラクシーS4に購入費の補助を拡大

2機種を「ドコモの顔と言えるツートップ」(加藤薫社長)と位置付け、購入費への補助を拡大。2年契約の実質価格はエクスペリアが2万円台半ば、ギャラクシーが3万円台半ばになり、他機種(3万円台後半~4万円台前半)より低価格にする。
ドコモ2013年決算 利益減少の理由は、販売促進費が多額であったことが理由ですが、人気機種に傾斜配分することで、利益の確保を重視するようですね。
  1. ソニーXperia A 2年契約の実質価格 2万円台半ば
  2. サムスン ギャラクシー 2年契約の実質価格 3万円台半ば
  3. 他機種の2年契約 3万円台後半~4万円台前半
ソニーのXperia Aは、ドコモの他機種と比較すると実質価格が割安なため、ドコモの販売機種の中で価格を重視する顧客への販売が伸びそうですね。

(4)ソニーのXperia Aをドコモが他社からの乗換えや機種変更で優遇

さらに2機種に限り、他社や従来型携帯電話からの乗り換え、ドコモの10年以上の継続利用といった条件により、1万~2万円割り引く。エクスペリアは「実質価格が5000円になる」(加藤社長)ケースもある。
ソニーのXperia Aをドコモが他社からの乗換えや機種変更で優遇するようですが、実質価格が5000円程度ですむならば、かなりの販売台数が見込めそうですね。
スポンサードリンク

関連記事・:


1 件のコメント:

  1. 比特币的投资价值
    得到 全球的肯定

    用 CopyTrader™ 专利技术同优秀交易员讨论交易策略

    返信削除

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。